~100 ~200 ~300 ~400 ~500 ~600 ~700 ~800 ~900 ~1000 5ch.pw

【第一次世界大戦終了200年記念】第一次世界大戦でドイツが勝つ方法を教えて

1. みつを ★ 2018/11/11(日) 08:07:44.88 ID:CAP_USER9
酒スレ
2018/11/11

1918年11月11日、第一次世界大戦が終了しました。今年は第一次世界大戦終了から200年の記念の年ということで、欧州などで大規模な記念式典などが予定されています。

我々日本人にはあまり馴染みのない第一次世界大戦について、この機会に想いを馳せてみるのはいかがでしょうか。
さまざまなご意見をお待ちしています!

みつを
901. 名無しさん@1周年 2018/11/11(日) 13:45:43.76 ID:eXqPKQRK0
アメリカの生産力を見くびってて再三警告無視してやらかしたのが原因でしょ
ロシア革命で東部戦線が楽になった後でアメリカ参戦がまだまだ先だったら、
勝ちはどの道無理にしてももうちょいマシな負け方できる可能性はあった
902. 名無しさん@1周年 2018/11/11(日) 13:46:36.05 ID:DokcYEg5O
>>168
 それエロゲ?
903. 名無しさん@1周年 2018/11/11(日) 13:46:51.12 ID:QD3pk+hJO
>>886
泥にまみれた華々しさのなさが、
日本での一次大戦の不人気ぶりに繋がるのかなぁ
904. 名無しさん@1周年 2018/11/11(日) 13:47:54.82 ID:BhZx9AFv0
>>893
片付いたから1918の春季攻勢した、でも兵站も後方での食料事情も壊滅的で士気ボロボロで負けたんだぞ
905. 名無しさん@1周年 2018/11/11(日) 13:49:01.90 ID:8kkgIXUd0
>>131
ドイツ領だけでしょ
日英同盟があるんだから英側につくのは当たり前だし
お前は同盟国なのに何もするなと言いたいのか?
906. 名無しさん@1周年 2018/11/11(日) 13:49:08.74 ID:GQEvGz+C0
>>901
ドイツは東ポーランド、西フランス、
スペイン、イタリアとは同盟しか勝てる方法はありません。
尚経済で実践したら見事に成功しますた。
907. 名無しさん@1周年 2018/11/11(日) 13:50:47.48 ID:l+mNvL0C0
>>887
液冷エンジン開発できてもこんな兵器は本質的にダメだろww


士官候補生ハンス・ウルリッヒ・フラーデの証言(最後のドイツ空軍)

経験不足なパイロットが操縦するBf109Gは、手に負えない危険な野獣に化ける可能性があった。
ことに低速の時が危険だった。離陸の際にスロットルの開き方があまり速過ぎたり滑走速度が十分に
高くならないうちに浮揚しようとすると、機体は横転して背面姿勢になり、地面に突っ込むのを
免れなかった。  
Bf109Gへの機種転換訓練コースでは事故率が高く、フラーデと一緒にコースに入った百名のうちで、
三分の一がコース修了までに死亡や重傷で姿を消した。
908. 名無しさん@1周年 2018/11/11(日) 13:50:55.73 ID:3+xV9c5e0
戦争しない。
909. 名無しさん@1周年 2018/11/11(日) 13:52:05.55 ID:xHq3Wc0D0
戦争自体はロシアを降伏させて圧倒的優勢だっただろ
問題は国内で革命が起きて政府が転覆しちゃったこと
革命が起きる前にフランスかイギリスと講和できれば勝てたんじゃねえの
910. 名無しさん@1周年 2018/11/11(日) 13:52:17.48 ID:+is4z6yG0
日英同盟は当初ロシアに対抗するための同盟だったけど、
その後英露仏が同盟関係移行し日英同盟の意味が失われてた。
第一次大戦ではドイツ軍が東方戦線でロシア軍を撃破してワルシャワまで占領し、
優勢な戦いを展開してたわけで、この段階で日本が日英同盟を破棄しドイツと同盟し、
本格的に欧州戦線に参戦してれば独日が勝利は確実で、
その後の世界秩序は全く違ったものになってた。

しかし日本はイギリスが懇願した欧州派兵も拒み続け、
結局、日本の代わりにアメリカが渋々出兵し、
戦況をひっくり返してドイツを打ち負かす。

そして機能しなかった日英同盟は事実上ゴミ箱行きとなり、
その後の日本は英米と対立を深め、
第二次大戦の段階でドイツと三国同盟を結ぶことになる。

つまり日本が時流を読めずドイツと組むのが遅すぎたから、
ドイツも日本も負けたんだよ。
911. 名無しさん@1周年 2018/11/11(日) 13:52:51.54 ID:8wyBJmIr0
資源やリソース、兵器類の充実を元に2方面作戦など無理が無い戦線構築の元
空軍と連携した強力な機械化師団で陸海空を整備し、計画効率的な短期電撃戦でこれもんで--  WW

枢軸イタリア海軍なんてフランスと英国を合わせたより強力だったんだから
地中海で遊んでたら駄目だ。もっと北欧方面でも活躍させる必要はあった。東部戦線への侵攻は英国本土を掌握し
ドイツ本土空爆の航空拠点リスクを抑えてから十分な物資と冬の装備を備えて東部戦線に進行。そうすれば米国は
鈍重な貨物船団で苦戦する程度。トルコをもっと連携させ南コーカサスから北上させ
満州関東軍はソビエト国境での演習や陽動作戦を絶やさず、100万のロシア極東軍を釘漬けとする。
ドイツは南コーカサスの占領は後回しで冬の前にモスクワ攻略する。そうすれば真冬にモスクワ近郊8舛泙膿塀个靴
ドイツは、秋にはモスクワを占領していただろう。そこで勝利宣言。 仕上げはドイツ空軍が戦術上重視しなかった
長距離重爆でウラル山脈以東に逃げる工場群を叩く。これでボルシエビキは完全降参だったろう。
ドイツが対戦後半に嵐のように開発した新世代兵器;ジエット機大陸間弾道弾、核etcなどの開発スケジュールがもう1年早かったら
大戦末期からでもドイツは連合軍を空や陸で再駆逐復帰し停戦講和にも出来ただろう



パリ陥落 ダンケルクへのは敗走
http://ktymtskz.my.coocan.jp/E/EU/paris0.htm
https://www.youtube.com/watch?v=VZx04Vq9qcs&bpctr=1541905315
https://www.youtube.com/watch?v=GG6_0Lcb7Jc
https://www.youtube.com/watch?v=d1LwQTKSCK4
https://www.youtube.com/watch?v=cVw5I-6j-zI

ウラル爆撃機計画
ttps://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A6%E3%83%A9%E3%83%AB%E7%88%86%E6%92%83%E6%A9%9F%E8%A8%88%E7%94%BB

--もちろんこれ等は歴史のIFである。仕掛られ止む無く開戦した太平洋戦線で連合国相手に破竹の勝利進撃で
太平洋を席巻しアジア諸国の開放独立させた日本が、ミッドウェーガタルカナルで押し合い死闘の前に
有利な環境で早期対米停戦講和を結んだ可能性含め。より効率的な東西枢軸連携海上作戦も含め

まあドイツ終戦後などどのみちすぐに東西冷戦が待っていた。ドイツは米英とは早期講和の上
むしろ共同して赤を攻めてれば勝てただろうね。その逆ももしかりだったろうけども。。(独ソ共同で西部戦線を固める)


【ベルリン攻防戦】 А.淵船絞壊  その後
https://youtu.be/wIII9cdf1YY?t=4505
912. 名無しさん@1周年 2018/11/11(日) 13:52:52.31 ID:GQEvGz+C0
>>905
フランコは同盟国で中立という神業出来たけど。
但し、WW1時点では日英同盟が最高に機能したが。金剛貸し出しておけばイギリスとは早く手仕舞い出来たかもね。
913. 名無しさん@1周年 2018/11/11(日) 13:53:41.26 ID:mv7ClAI10
>>899
リンクはありがたいが…
つべにあんのか、てかそれいいのかよw
914. 名無しさん@1周年 2018/11/11(日) 13:54:40.19 ID:ysTK6Ksi0
>>883
うじ虫がフカする様にイナゴの大群が発生する見たいだからアンゴラモアの大王にも何らかの役振りが出て来たのかも?

https://m.youtube.com/watch?v=tJfmPcWZxv8
915. 名無しさん@1周年 2018/11/11(日) 13:55:02.73 ID:GQEvGz+C0
>>907
メッサーシュミットは全般的にパイロットを考慮する兵器を作らない。
916. 名無しさん@1周年 2018/11/11(日) 13:55:24.21 ID:QD3pk+hJO
>>894
1930年代アメリカ制作の古典的映画、「西部戦線異状なし」が塹壕戦リアルに描写してると見てて思った
砲弾炸裂して土煙何本も上がる中を銃剣突撃
機関銃掃射でバタバタと兵士が倒れる
敵塹壕に辿りついても塹壕内で敵兵と銃剣で死闘
917. 名無しさん@1周年 2018/11/11(日) 13:56:10.14 ID:Ij2GlTsl0
孫子曰く

上兵は謀を伐つ
その次は交わりを伐つ
その次は兵を伐つ
その下は城を攻める
918. 名無しさん@1周年 2018/11/11(日) 13:56:29.32 ID:QjwIDRdy0
>>904
浸透戦術発明して
敵陣地を突破占領して英仏の食糧事情を知ってしまう
勝ち進むたびに士気が落ちてく奴ですね
919. 名無しさん@1周年 2018/11/11(日) 13:56:53.15 ID:0JUUjsHx0
>>910
アジア側のドイツ植民地に攻め込んでますが。日本は。
つうか、始めっから日英同盟じゃなくて、日スコ同盟だったわけで、
920. 名無しさん@1周年 2018/11/11(日) 13:56:53.06 ID:GQEvGz+C0
>>910
アメリカが日英同盟の影響を知って最終的に破棄まで追い込むプロセスは外交政策の鑑。
921. 名無しさん@1周年 2018/11/11(日) 13:57:14.35 ID:w4Ut+eWP0
>>910
海軍を地中海に派遣していたはずだけど…
922. 名無しさん@1周年 2018/11/11(日) 13:57:39.12 ID:45yqPKUW0
ドイツが英仏と講和できるような外交力あったら、四方敵ばかりなんてアホみたいな状況で戦争に突入してたはずがないw
923. 名無しさん@1周年 2018/11/11(日) 13:58:01.13 ID:yF2wOiTh0
ロシアとトルコを崩壊させる為に
ユダ金に利用されただけって気付かないと。
924. 名無しさん@1周年 2018/11/11(日) 13:58:30.75 ID:QD3pk+hJO
>>901
ヨーロッパの貴族連中は、アメリカを端から見くびってたフシがある
925. 名無しさん@1周年 2018/11/11(日) 13:58:47.41 ID:g5Trjx1T0
でも倍のロシア軍を各個撃破した戦術は見事だった。
926. 名無しさん@1周年 2018/11/11(日) 13:58:58.53 ID:GQEvGz+C0
>>917
封印列車はその時点では上作だったが。
927. 名無しさん@1周年 2018/11/11(日) 13:59:08.09 ID:8wyBJmIr0
歴史を遡って考えると、欧州や世界からの流れ者移民で出来た建国200年ちょいの米国が
その統合過程で移民同士の戦争や、北米大陸で先住民米国インディアン950万を効率よく除去したり、メキシコをやったり
ハワイをフィリピンをやったりしながら、中部太平洋方面に勢力進出して来たのであったが
米国は大平洋戦争前に暗号解読や事前情報、攻撃前の真珠湾港での米国駆逐艦日本潜水艦の戦闘などで
日本軍の真珠湾攻撃を熟知していたのであるが、それよりずっと以前から内戦拡大のシナ大陸に
覆面義援軍「フライングタイガース」を米国から派遣し、日本空軍と戦っていたので半ば開戦していた
も同様だった。物資援助は大平洋戦争中も続く。

ただ、太平洋海域での日本との本格開戦は米国内で反対意見が多く、当初実現困難だったが
当時ドイツの領土深くモスクワ近郊まで攻められピンチであったソビエトが、枢軸ドイツ
に米国を開戦させソビエトの国難を救わんが為に、米国内官僚等に居たスパイをフル稼働して
対日正式参戦を米国で扇動誘導し、経済封鎖金融封鎖や理不尽最後通帳で日本を降伏か開戦かに
追い込み、ついに枢軸日本による対米開戦に成功したのだった。要するに大平洋戦線の悲劇は
半分ロシア絡み。

しかし、そんなありふれた歴史上の国家間策略とは別に、国際社会にユダヤ系など国際巨大金融一族が
存在しており、WW気癸廝廰兇盥顱垢鯑阿したり戦争を後押ししていた。
吐き気を催すような事だが、彼等は自らの造った金融資本主義経済の行き詰まり
打開の為に、そして戦争経済での儲けや戦後復興での新体制の元で新た搾取支配
まで長期的展望の元に計画し、ほぼそれを実行して来たのである。端的な例では
同じ金融や大企業が同時に枢軸ナチスドイツと米国双方に融資をしていたりしたのである。

凄惨かつ無慈悲な国家間の大戦争の裏で、最も老獪邪悪醜悪なものが蠢いているでは無いか。
それは姿形を変え、今日の社会でも活動し続けている。

国家をも手駒にし、この世の互い見ず知らぬ民同志を合戦わせ、自分等は手を消して汚さないのは何者か? 私達市民や国家は、悪辣な演出家共に踊らされてはいけない。
一般市民はお互いに無駄な殺生をし無駄な血を流し傷つき、いつの時代も馬鹿を見るだけ。
戦争の敗者は勿論、勝者すら次の舞台で踊らされ酷い目に逢うような世の中を、果たして誰が望むのか?
紙切れ紙幣の流れフン詰まりの為に、国家は何度も近代戦大量破壊殺戮戦闘を繰り返すのか。
シナーやチョンの南シナ小規模領土拡張や恫喝汚れ等、目先の小事悪事だけに囚われてはいけない。

何故米国の子飼いだった地域英雄フセインやカダフィが、直接間接に惨たらしく殺されたのか。
アフリカ共通の貨幣など造ろうしなければ、米国に見捨てられたカダフィが死ぬ事など無かったはず。
金融金儲けの石油事情などが絡まなければ、2度のイラク戦争が起きたりフセインが死ぬ事も
無かったはず。大量破壊兵器はイラクには無かった。。

戦争で勝敗をつけたいなら不毛な大量殺りく総力戦などやらず、将同士が一騎打ちで決着つけろ。
金融屋が秘密会議の会場にリングを造り、痩せた身体で殴り合え。
928. 名無しさん@1周年 2018/11/11(日) 13:59:18.80 ID:l+mNvL0C0
>>915
じゃダメじゃんw
Bf109なんて10年も運用しててこのザマだしな
929. 名無しさん@1周年 2018/11/11(日) 14:00:14.42 ID:GQEvGz+C0
>>922
ドイツ帝国の至宝ビスマルク自損だからw
930. 名無しさん@1周年 2018/11/11(日) 14:01:28.62 ID:BhZx9AFv0
>>924
第二次大戦を扱った映画、史上最大の作戦でも米軍を植民地軍呼ばわりしてるシーンが有ったような気がする
931. 名無しさん@1周年 2018/11/11(日) 14:01:38.57 ID:KFttJ9Yk0
過去の経験歴史から国力(国土・人口・生産力)が多ければ
どんな戦争でも勝てると思っている国がある。アメリカの白ゴリラである。

実はこの思想は、次に世界的な争いがあったときに必ずや負けることになる。
そう次の敗軍の将はアメリカの白ゴリラなのである。
932. 名無しさん@1周年 2018/11/11(日) 14:02:01.81 ID:2mLicIJj0
クリスマスまでには帰れるんじゃなかったの?
933. 名無しさん@1周年 2018/11/11(日) 14:03:21.26 ID:45yqPKUW0
>>932
鈴木商店「当たり前や」
934. 名無しさん@1周年 2018/11/11(日) 14:03:27.33 ID:Hkg7aAGJ0
>>932
いつのクリスマスとは言っていない
それが3年4年後でも問題ない
935. 名無しさん@1周年 2018/11/11(日) 14:03:28.05 ID:Ij2GlTsl0
>>931
次の選挙で敗北して大統領代わるな
936. 名無しさん@1周年 2018/11/11(日) 14:04:57.09 ID:GQEvGz+C0
>>928
考慮しない結果ジェット機までたどり着いた。尚1944以降は、降着装置改良でかなり改善したが。尚メッサーシュミットは整備も考えないw
考慮するフォッケと2つで航空機運用するべきだった。
937. 名無しさん@1周年 2018/11/11(日) 14:07:33.92 ID:cy91uYF00
>>94の圧勝だね。
938. 名無しさん@1周年 2018/11/11(日) 14:07:50.20 ID:1Wrkazkl0
平気で殺されてしまった可愛くもなんともない臭没おやすみ
939. 名無しさん@1周年 2018/11/11(日) 14:16:29.08 ID:+is4z6yG0
>>921
イギリスは日本海軍の地中海派遣だけじゃなく地上部隊の派兵も懇願してた。
日本はアリバイ的に小規模艦隊を地中海に送ったけど、陸軍の派兵は拒否。

当時の日本は40個師団100万人の地上兵力を欧州に送る余力があり、
もし派兵してれば西部戦線からドイツを駆逐し勝敗を決する切り札となってた。
ここで派兵しなかったのは歴史的失策だね。

アメリカも派兵する余力があったけど、当初は厭戦気分が蔓延しやる気がなく、
むしろ日本が派兵しろよとの世論だった。
しかしドイツが優勢で英国の配色が濃厚になると嫌々ながら出兵に踏み切り、
それがその後のアメリカによる世界支配の出発点になった。
940. 名無しさん@1周年 2018/11/11(日) 14:19:06.06 ID:45yqPKUW0
日本が地上軍派遣したらガリポリ上陸作戦とかに参加させられたんだろ

地獄じゃん
941. 名無しさん@1周年 2018/11/11(日) 14:21:26.98 ID:V4f3eCuu0
明治以降、日本は戦艦の建造を始め、欧米からあらゆる事を学んだけど
第一次世界大戦以降も、航空技術を学んだセンピル卿やフォール大佐の
教育団や、潜水艦建造技術を学んだUボートの技師団の他、三菱が招いた
航空機設計技師フレデリックラトランドなどの存在を無視できない
942. 名無しさん@1周年 2018/11/11(日) 14:23:42.49 ID:8wyBJmIr0
WW兇任脇鳩灰瓮奪機爾筌侫ッケは航続距離は短かったけどメッサーなど最終型では740/h台を出す
など改造が出来る拡張性があって航空性能も良かったよ。和製コピーメッサーの三式戦は
駅冷エンジンなど日本の技術でメンテ困難で故障が多かったけど

空冷フォッケウルフも低空成性能主体のように言われがちだが兎に角頑丈で故障が少なく
戦闘機から戦闘爆撃機まで活躍出来た。新型の長鼻や液伶タンクシリーズなど
攻撃力上昇力最高速度などレシプロ最高性能クラスで、P-51を上回る性能だったが
いかせん終戦末期の登場で満足な熟練パイロットも補充できず戦況回復には至らない
まあ爆撃機迎撃戦もそうだが、ドイツは非常に良くやったとは思う。ドイツ本土を空爆する
連合国重爆などどれだけ被害が出たかを見ると、東部戦線の赤軍では無いが、空の
消耗戦とも言うべき恐るべき損害を連合軍が独空軍から蒙っている
http://ktymtskz.my.coocan.jp/E/EU5/bomb6.htm


それでも物資と人的被害の上に連合国が勝って終戦は出きた。そしてすぐ東西冷戦にw
943. 名無しさん@1周年 2018/11/11(日) 14:24:06.51 ID:GQEvGz+C0
>>941
軍隊には全てを統括する最高司令官が必要であることは忘却したらしいw
944. 名無しさん@1周年 2018/11/11(日) 14:24:11.45 ID:QjwIDRdy0
Over Thereで出兵してから
いつも悲劇に会うのはジョニー
945. 名無しさん@1周年 2018/11/11(日) 14:25:51.50 ID:QD3pk+hJO
>>939
遠くて関心薄かったんだろなぁ
近くのシベリア出兵では大軍派兵してるし
946. 名無しさん@1周年 2018/11/11(日) 14:27:31.60 ID:QjwIDRdy0
>>945
当時はヨーロッパ着くまでに死人出たりするからね
947. 名無しさん@1周年 2018/11/11(日) 14:28:25.23 ID:5S9/tuG90
タイは、後方部隊(輸送・医療・航空)派遣してる
http://www.youtube.com/watch?v=tckjKAO1N8I
948. 名無しさん@1周年 2018/11/11(日) 14:29:03.36 ID:BhZx9AFv0
>>939
総動員すれば40個師団あるけど当時の帝国は平時体制だから十数師団しか居ない
因みに連合国からは3個軍団の要求があった、しかも戦費英仏持ちという破格値
949. 名無しさん@1周年 2018/11/11(日) 14:29:50.71 ID:he4yC8Yl0
>>940
後のことを考えればそれでもよかった

フォッシュとかエランビタールなんて精神主義が、第一次大戦ではまだ主流だった
しかし、戦車などの新兵器の前にそんなものは役に立たないと判明し欧米の地上軍は近代化が進んだ

第一大戦で地上戦を経験しなかった日本陸軍は、日露戦争の成功体験のまま、人命軽視の肉弾攻撃を繰り返す羽目になった
950. 雲黒斎 2018/11/11(日) 14:29:55.01 ID:RJIHTbDn0
>>907
そもそもDB601の稼働率がドイツ本国においてすら・・・
RRマーリンもよくなかったと聞くので、凝ったつくりは兵器としてはダメなんだろう。

アメリカはその点、空冷ラジアルを主力として十分エンジン単体も機体も性能を出せてたし、マーリンも内部を簡易化して信頼性と生産性を上げた。さすがや。
951. 名無しさん@1周年 2018/11/11(日) 14:30:18.59 ID:8wyBJmIr0
Heil Europa Marsch [ドイツ行進曲] ヨーロッパ万歳   ←  こりゃWW気虜△世茲

https://www.youtube.com/watch?v=tXOtrX4VTnE
952. 名無しさん@1周年 2018/11/11(日) 14:30:48.99 ID:GQEvGz+C0
>>948
陸軍送るなw金剛貸し出しに止めておけw
間に合えば欠陥品扶桑もw
953. 名無しさん@1周年 2018/11/11(日) 14:31:06.42 ID:Yd0f5hoQ0
こういうスレをきっかけにして図書館に行ってみたりする
954. 名無しさん@1周年 2018/11/11(日) 14:31:24.21 ID:5S9/tuG90
ID:l+mNvL0C0
ID:RJIHTbDn0

ウンコ人間は、フォッカーとかの話はできんのかね
955. 名無しさん@1周年 2018/11/11(日) 14:32:08.96 ID:F0Z0gelZ0
アメリカの船を沈めちゃったのが不味かったね
956. 名無しさん@1周年 2018/11/11(日) 14:33:51.37 ID:PwWhJOHi0
>>603
そもそも第一次大戦の主戦場は陸戦であって、海戦ではないことを忘れてはならない。

財政危機をもたらすほど軍拡し続けた海軍の戦果がどれほどの効果がもたらされたのかといえば

イギリス海軍の主力級艦隊を北海に貼り付けたこと
通商破壊で、補給を遮断させたこと
イギリス地中海艦隊、ロシア黒海艦隊を翻弄させたゲーベン・ブレスラウ

くらいだろう。


しかし結果は通商破壊作戦がアメリカ参戦を招く

それによって陸戦での協商同盟間の兵力差を逆転させてしまった。

最後は革命で背後の一刺し。


実際艦隊がいるだけで意味があったかと言われたら殆ど無用だったのでは?
最後の最後で有害。

役割は果たしたのかもしれないが、少なくとも費用対効果は絶望的。
957. 名無しさん@1周年 2018/11/11(日) 14:35:14.00 ID:RKZ7XI+S0
>>955
アメさんの船はほとんど間違いなくイギリスフランスへの戦時物資輸送していたからね、ドイツ人からすると敵性国家だわな
958. 名無しさん@1周年 2018/11/11(日) 14:35:22.93 ID:qSoJHgme0
>>210
あいにく、日本が真珠湾攻撃した原因を石原莞爾がゲロっている

あれこそはペリーの黒船に砲艦外交された仕返しだぞ
959. 名無しさん@1周年 2018/11/11(日) 14:35:36.47 ID:GQEvGz+C0
>>954
だいたいドライデッカーとリヒトホーフェンで終わる予感w
960. 名無しさん@1周年 2018/11/11(日) 14:36:23.31 ID:ntj89Ob80
メッケルいたの?
ドイツは軍人優秀なのにいつも戦争負けるよね
961. 名無しさん@1周年 2018/11/11(日) 14:36:39.28 ID:eXqPKQRK0
>>955
ただ、それでもいきなり参戦とはならずこういうこと続くと本気で怒るんだけど…と、
まだ座っててくれた
なのにそれが繰り返されただけでなくツィンメルマン電報を巡るバカ正直な対応がトドメをさした
962. 名無しさん@1周年 2018/11/11(日) 14:37:30.56 ID:GQEvGz+C0
>>958
で、戦艦ミズーリにペリーの旗が持ち込まれましたw
963. 名無しさん@1周年 2018/11/11(日) 14:38:34.99 ID:NcfOmiDu0
>>961
あいつらトンキン湾に重慶爆撃やら居座って動かへんやん。
当てるならどうぞとか邪魔ですよ
964. 名無しさん@1周年 2018/11/11(日) 14:39:28.61 ID:5S9/tuG90
ID:qSoJHgme0
ID:GQEvGz+C0
政治・宗教カルトだろ

陸軍の石原莞爾が真珠湾攻撃に関係あるんかね
965. 名無しさん@1周年 2018/11/11(日) 14:41:02.90 ID:GQEvGz+C0
>>960
政治屋が阿呆だからw
将官も阿呆だからあまり悪口は言えない場合もあるw
ピエトロ・バドリオを輩出出来たイタリアは自慢してよい。
尚WW1でも未回収のイタリア奪還成功している(ピエトロではないが)
966. 名無しさん@1周年 2018/11/11(日) 14:41:13.65 ID:wvvbuBF70
ドイツが連合国に朝鮮人を大量投入すれば勝てたんじゃね?

1.ドイツが連合国に朝鮮人を大量投入。
2.朝鮮人が連合国で、強姦・放火・井戸に毒入れ(関東大震災で本領発揮)の大暴れ。
3.連合国:「ま、まいった。(>_<)」
4.ドイツ勝利。
967. 名無しさん@1周年 2018/11/11(日) 14:42:30.55 ID:GQEvGz+C0
>>964
陸海の連携出来ていないという事実だからもっとヤバいw
968. 名無しさん@1周年 2018/11/11(日) 14:46:51.55 ID:5S9/tuG90
朝鮮人じゃないが、多民族国家のオーストリア・ハンガリーは終わってるわね

チェコ&スロバキア人が1個軍団編成できるくらい、ロシアに逃げてる
969. 名無しさん@1周年 2018/11/11(日) 14:47:47.09 ID:qSoJHgme0
>>964
石原は戦後アメリカに向って啖呵を切った事例だから紹介したまでで、
真珠湾の立役者である山本五十六も「黒船の恨み晴らしたり」と言ってるよ
970. 名無しさん@1周年 2018/11/11(日) 14:49:17.76 ID:Ij2GlTsl0
>>967
陸軍が沖縄の地上戦で苦戦している時に、海軍だけ勝手に撤退するとか言い出して、大統領を慌てさせたりしたもんな
陸海軍の不仲は万国共通だな
971. 名無しさん@1周年 2018/11/11(日) 14:51:07.40 ID:w4Ut+eWP0
史実としてはシェリーフェンプランに従ってドイツ側からフランスに攻め込んだ訳だけど
ドイツがフランスを攻めずに最初からロシアに向かって東進した場合
フランスはどうしたんだろうか?
972. 名無しさん@1周年 2018/11/11(日) 14:51:19.24 ID:8kkgIXUd0
>>103
そんな金は無い
973. 名無しさん@1周年 2018/11/11(日) 14:53:24.62 ID:GQEvGz+C0
>>970
だから最高司令官が必須やw
尚ローマ帝国でも陸海軍は対立、古代ギリシアでもwせやから皇帝が最高司令官やったw
但し、仮に天皇に最高司令官としての権限があれば天皇は生きてはいないだろうw
974. 名無しさん@1周年 2018/11/11(日) 14:55:08.14 ID:GQEvGz+C0
>>971
防衛線構築出来ただろう。機能するかとは別に。
975. 名無しさん@1周年 2018/11/11(日) 14:55:13.83 ID:VVS1UZmB0
>>1
ドイツ人の精神年齢は45才
日本人の精神年齢は12才といわれている

お前らにはあいつらのことは理解できないんだよ
なに熱く議論してるんだよw
976. 名無しさん@1周年 2018/11/11(日) 14:57:16.24 ID:uTQZrZzoO
ところで幼女戦記劇場版はどうなりましたか?
977. 名無しさん@1周年 2018/11/11(日) 14:59:12.56 ID:RKZ7XI+S0
>>971
普通にフランス軍がルールに攻め込んだはずよ
978. 名無しさん@1周年 2018/11/11(日) 15:00:01.54 ID:GQEvGz+C0
>>969
五十六、お前は軍政だけしとれば英雄やw
軍政を評価する組織は無いがw
979. 名無しさん@1周年 2018/11/11(日) 15:00:03.54 ID:tI+nBpMW0
ビグザムの量産
980. 名無しさん@1周年 2018/11/11(日) 15:00:43.51 ID:a+ElOOoW0
>>939
やはりそこが歴史の分岐点
そこで良いとこどりしようとした判断が国を滅ぼした
なぜ積極的に派兵しなかったのだろう?
派兵を主張した政治家はいなかったのだろうか?
981. 名無しさん@1周年 2018/11/11(日) 15:00:47.38 ID:JzJLFjg90
核を開発する
982. 名無しさん@1周年 2018/11/11(日) 15:01:40.88 ID:GQEvGz+C0
>>979
ジオン軍、つまりナチス・ドイツには出来ない矛盾が似ているw
983. 名無しさん@1周年 2018/11/11(日) 15:02:07.44 ID:c6n6ABpP0
最初の戦車ってイギリスのMARK気世辰
あんなん突如戦場に現れたらビビルわなw
984. 名無しさん@1周年 2018/11/11(日) 15:03:19.04 ID:GQEvGz+C0
>>980
いれば死んでるw
というか国民全て敵対して旧帝国自滅w
985. 名無しさん@1周年 2018/11/11(日) 15:04:48.61 ID:IkOaC7DC0
派兵しろ派兵しろって気軽に言うけど
120万人も派兵したインドは何の見返りも受けられなかったよね
986. 名無しさん@1周年 2018/11/11(日) 15:05:43.25 ID:GQEvGz+C0
>>983
ドイツ兵曰く、毛虫@映像の世紀
無限軌道はクローラー、つまり芋虫とシノニムだからあながち間違いではない。
987. 名無しさん@1周年 2018/11/11(日) 15:06:29.69 ID:0dv5IDpM0
ビスマルクが長生きしてたら勝つんじゃねw
988. 名無しさん@1周年 2018/11/11(日) 15:06:30.47 ID:FhJpIlrP0
英と仏を仲違いさせる。
989. 名無しさん@1周年 2018/11/11(日) 15:06:53.14 ID:GQEvGz+C0
>>985
だから金剛と間に合えば扶桑貸し出しで良かったしするべきだった。
990. 名無しさん@1周年 2018/11/11(日) 15:06:57.64 ID:RKZ7XI+S0
>>980
もちろんいたし、総動員の研究もしている
但し国民の忌戦的機運(欧州遠すぎ、つまり江戸期の唐天竺的な感覚)と戦費(英仏に負担して貰うは三等国的、な考え)問題、欧州派兵しても領土増えない、等々で駆逐艦派兵でお茶濁した
991. 名無しさん@1周年 2018/11/11(日) 15:07:41.78 ID:tEhQxwnG0
戦わないのが勝ち
992. 名無しさん@1周年 2018/11/11(日) 15:09:09.55 ID:1RmsLouN0
>>435
あの時代は関税障壁とブロック経済の時代。
別に世界恐慌でブロック経済になったのではなく元からブロック経済だったのが酷くなっただけ。

そんな時代では空間の確保は仕方がない。
993. 名無しさん@1周年 2018/11/11(日) 15:09:17.93 ID:Ij2GlTsl0
>>980
日本軍はあまり派兵の余力はなかっただろ
10年前の日露戦争で二十万人の犠牲を出している
海軍は奇跡的に損害が少なく余力はあった
994. 名無しさん@1周年 2018/11/11(日) 15:09:19.33 ID:Q+HsI1Xx0
>>971
ドイツ軍がロシアに行くと、フランスは普仏戦争でドイツに取られたアルザス・ロレーヌ奪還しようとするだろう
第一次大戦で負けて結局は取られてしまうんが
995. 名無しさん@1周年 2018/11/11(日) 15:09:39.49 ID:tANm4Ll40
西暦2199年…
996. 名無しさん@1周年 2018/11/11(日) 15:10:26.76 ID:6kEGgjrZ0
>>987
100歳の人間が役に立つとは思えない
997. 名無しさん@1周年 2018/11/11(日) 15:10:44.71 ID:V4f3eCuu0
>>989
結局、日本は金剛を上回る性能の戦艦を作れなかった
この判断は仕方ない
998. 名無しさん@1周年 2018/11/11(日) 15:10:50.60 ID:Me66/hki0
>>975
それはドイツ人は頭が固いけど日本人は若くて柔軟だぞって褒め言葉の意味で言ったんだぞ
999. 名無しさん@1周年 2018/11/11(日) 15:11:56.09 ID:Me66/hki0
>>997
金剛ってイギリス製じゃなかったか?
1000. 名無しさん@1周年 2018/11/11(日) 15:13:26.89 ID:Ij2GlTsl0
>>999
金剛はイギリス製
比叡の武装もイギリス製
イギリスはこの2艦のレンタルを申し込んだ