~100 ~200 ~300 ~400 ~500 ~600 ~700 ~800 ~900 ~1000 5ch.pw

【第一次世界大戦終了200年記念】第一次世界大戦でドイツが勝つ方法を教えて

1. みつを ★ 2018/11/11(日) 08:07:44.88 ID:CAP_USER9
酒スレ
2018/11/11

1918年11月11日、第一次世界大戦が終了しました。今年は第一次世界大戦終了から200年の記念の年ということで、欧州などで大規模な記念式典などが予定されています。

我々日本人にはあまり馴染みのない第一次世界大戦について、この機会に想いを馳せてみるのはいかがでしょうか。
さまざまなご意見をお待ちしています!

みつを
401. 名無しさん@1周年 2018/11/11(日) 10:23:54.37 ID:DXFDMkho0
毎回二方向に戦争してるから地理的に不利なのかな
402. 名無しさん@1周年 2018/11/11(日) 10:24:04.54 ID:68AIuBdI0
>>330
日本人ってなぜか教科書通りにやれば勝てる時に限ってあえて奇策に走って負けるよねw
403. 名無しさん@1周年 2018/11/11(日) 10:24:06.77 ID:+MwZMK7c0
日本にとってはドイツの持ってたアジア利権が転がり込んできたのでおいしかった
404. 名無しさん@1周年 2018/11/11(日) 10:24:28.84 ID:yub2gG4i0
>>379
WW2の日本の復興とかいうけど、ドイツのほうが壊滅的だし借金だらけも返してみんな高給取りとか無茶苦茶。
405. 名無しさん@1周年 2018/11/11(日) 10:24:42.40 ID:5S9/tuG90
>>392
何言ってるの

ウンコもぐもぐ

ポーランド第二共和国は、1918年11月11日独立だね

ドイツ提案のポーランド王国は成立してない
406. 名無しさん@1周年 2018/11/11(日) 10:24:51.26 ID:sF6Rk5Nl0
>>355
日本はアジア開放をじゃましたんだよ 英米なんかはむしろまともな
植民地経営してたし香港なんて植民地のままのほうがよかったわけで。
仏印とかインドネシアなんかは開放してあげればよかったんだけど、
逆に日本軍の物資や人足の収奪の的にしたじゃん。
407. 名無しさん@1周年 2018/11/11(日) 10:25:05.95 ID:38oLzfOM0
>>382
それを言い始めたら、そもそもオーストリアハンガリー帝国とセルビアとの単なる局地戦争だけで終わると予想されてた
参戦の思惑が複雑に絡み合ってるからなぁ
408. 名無しさん@1周年 2018/11/11(日) 10:25:26.09 ID:FDSLe72J0
バカ正直に同盟だの独立保障だのにとらわれて連鎖宣戦に引きずり込まれる必要など無かった。
と、後からなら好きに言えるな。

でもまあ、連合各国と個別で交渉出来ない訳でも無いんだろう?
409. 名無しさん@1周年 2018/11/11(日) 10:25:26.22 ID:Xm4F6B+RO
>>327
アメリカはイギリスから独立した国だから
建国以来ずっと反イギリスだったけどな
410. 名無しさん@1周年 2018/11/11(日) 10:25:31.21 ID:9t3Tf7Br0
>>404

( ^▽^)<うん
411. 名無しさん@1周年 2018/11/11(日) 10:26:10.19 ID:1RmsLouN0
>>385
ただ、アメリカから殴って日本から手痛い反撃で損害を受けたら、

アメリカ大統領の首が飛ぶぜ?
412. 名無しさん@1周年 2018/11/11(日) 10:26:18.85 ID:Us1Mf24v0
バルカンでの戦争にとどめておけば、
汎ゲルマン主義と汎スラブ主義の戦争にとどまり、
おそらくドイツ軍が勝っただろう
この時点では皇太子を殺されたオーストリア側に同情が集まっていたからな
セルビアのブラックハンドはIS並みに頭おかしいと思われていた
やはりフランス侵攻が悪手だったと思う
あれで世界大戦になった
フランスはロシアが負けても参戦しなかったと思う
413. 名無しさん@1周年 2018/11/11(日) 10:26:57.33 ID:FgX0J3+GO
ナポレオン三世を捕虜にしてなければ第一次大戦は発生していない
ナポレオン三世を捕らえず講和してナポレオン三世の帝政が倒されるまで
弾圧したりすったもんだして長持ちしてくれれば恨みは全部
三世に行ったしカタルシスも帝政妥当で得られるからドイツはどうでも良くなった
ナポレオン三世を捕虜にしたが故にフランスを韓国化してしまったのが失敗
414. 名無しさん@1周年 2018/11/11(日) 10:27:01.45 ID:94N7DJ6a0
ウキに書いてあるんじゃないのみたらわかるんじゃないか
415. 名無しさん@1周年 2018/11/11(日) 10:27:51.25 ID:qzuCOV/u0
>>404
日本は沖縄だけズタボロにされた所で止まったからな
416. 名無しさん@1周年 2018/11/11(日) 10:28:13.85 ID:zg9DfPpZO
普通に計算したら2118年だよな。
417. 名無しさん@1周年 2018/11/11(日) 10:28:16.59 ID:taPoO2A20
肉を切らせて骨を断つ みたいな考え方自体が現在では許されないが、ほんの80年前はそれが当たり前の世界だった
すごいと言うべきか怖いと言うべきか

今は溺れている人間全員が助かる権利を主張できる環境下で1人も助からないみたいな
418. 名無しさん@1周年 2018/11/11(日) 10:28:25.54 ID:QD3pk+hJO
>>397
戦争中盤から、ウィルヘルム2世よりヒンデンブルク&ルーデンドルフ参謀コンビがドイツ軍部の主役
ウィルヘルム自身、「余は影に過ぎぬ」と愚痴ってる
419. 名無しさん@1周年 2018/11/11(日) 10:28:50.19 ID:nlUua20i0
200年と平気で間違えるのは
根本的に教養がないんだろうなこいつ
420. 名無しさん@1周年 2018/11/11(日) 10:29:33.88 ID:4hGBpWVH0
セルビア人によるオーストリア皇太子が暗殺されたのがキッカケだっけ
ゲルマン側は周辺列強諸国の思惑から一方的に悪者にされて、ちょっと可哀想だったな
でもそれでも新興国としてはよく戦って持ちこたえた方だよな、ドイツ軍は
421. 名無しさん@1周年 2018/11/11(日) 10:30:01.17 ID:Ij2GlTsl0
>>405
ポーランド王国の国王はロシア皇帝の兼務だよ
イギリス国王がインド皇帝を兼務していたのと同じ
422. 名無しさん@1周年 2018/11/11(日) 10:30:45.69 ID:sF6Rk5Nl0
>>400
あるだろ 日独伊三国同盟
第三条 日本國、「ドイツ國」及「イタリヤ國」ハ、前記ノ方針ニ基ツク努力ニ附相互ニ協力スヘキ事ヲ約ス。更ニ
三締結國中何レカ一國カ、現ニ歐州戰爭又ハ日支紛爭ニ參入シ居ラサル一國ニ依リ攻撃セラレタル時ハ、三國ハ
アラユル政治的經濟的及軍事的方法ニ依リ相互ニ援助スヘキ事ヲ約ス。
423. 名無しさん@1周年 2018/11/11(日) 10:30:48.79 ID:O1Z/8nVF0
>>398
欧州におけるイギリスの地位をドイツが脅かすからこうなった
当時、ドイツ主導でドイツからバグダッドまでを結ぶ路線を敷く計画をしてたが、
それがどうもまずかったっぽい
イギリスを蚊帳の外にして欧州大陸が発展するのをイギリスが黙って見てられるかと
424. 名無しさん@1周年 2018/11/11(日) 10:31:00.46 ID:FgX0J3+GO
戦争は勝ちすぎてはいけない
実力以上に頑張り過ぎて圧勝することは必ずそれ以上のツケを払わされ
ひどい目に合う
普仏戦争の圧勝がドイツを二度の敗戦に
ナポレオンはアウステルリッツの圧勝がそのままナポレオン帝国の滅亡に
日清日露戦争の連勝が大日本帝国の崩壊の最大の原因
425. 名無しさん@1周年 2018/11/11(日) 10:31:01.65 ID:+MwZMK7c0
>>415
何言ってんの
焼夷弾による本土大空襲で
日本中焼け野原になっただろ
特に東京
426. 名無しさん@1周年 2018/11/11(日) 10:31:03.51 ID:rhmrTHTX0
まだ100年しか経ってないんだな
427. 名無しさん@1周年 2018/11/11(日) 10:31:30.11 ID:5S9/tuG90
ID:Ij2GlTsl0

ウンコもぐもぐはしつこいな


https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%9D%E3%83%BC%E3%83%A9%E3%83%B3%E3%83%89%E7%8E%8B%E5%9B%BD_(1916%E5%B9%B4-1918%E5%B9%B4)

ポーランド国防軍(司令官はヴワディスワフ・シコルスキ)と呼ばれる中央同盟国の支援部隊が、
ドイツ帝国の総力戦を支えるために設置されたが、ポーランド人はほとんど部隊の募集に応じることはなく、
ドイツの目論見は外れてしまった。
摂政王国が末期に入った時点で、部隊に所属していたのはわずかに5000人であった
428. 名無しさん@1周年 2018/11/11(日) 10:31:38.99 ID:LXXoRPEn0
>>416
ナポレオン戦争の後始末のアーヘン会議から200年っつーことで
ドイツの勝つ方法っていうか、すでに戦勝国でしたみたいな
429. 名無しさん@1周年 2018/11/11(日) 10:32:04.42 ID:9r4fHnkuO
>>327
フランス軍も外人部隊はなかったけど、アフリカ周辺国から増援をまわせた。
降伏後も亡命空軍はイギリスと共にアフリカで戦っていたし、ソ連空軍にも亡命フランス軍部隊がいた。
430. 名無しさん@1周年 2018/11/11(日) 10:32:18.65 ID:3FoK7Y7L0
勝つ方法はないだろ負ける運命にあった どうしても勝てないことを悟らないと
431. 名無しさん@1周年 2018/11/11(日) 10:32:24.38 ID:9t3Tf7Br0
>>423

( ^▽^)<今は中国が・・・
432. 名無しさん@1周年 2018/11/11(日) 10:32:37.71 ID:sF6Rk5Nl0
>>385
オレンジ計画だっけ アメリカはビビりだから、どの国に対しても軍事計画
たててたよ
433. 名無しさん@1周年 2018/11/11(日) 10:32:46.52 ID:Ij2GlTsl0
>>422
アメリカが日本を攻撃したわけではない
434. 名無しさん@1周年 2018/11/11(日) 10:32:51.19 ID:fG117l9s0
戦争というのは無責任な自由人が戦争を引き起こし、国を守ろうとする人死んで行く
435. 名無しさん@1周年 2018/11/11(日) 10:33:04.14 ID:fhXFso6p0
>>391
日本はそれが理解できなかったから朝鮮半島に過剰投資したり第一次大戦で価値がないのに維持費が高い南洋の島々を貰って大喜び
436. 名無しさん@1周年 2018/11/11(日) 10:33:11.05 ID:i9ZZw0uD0
大和が何隻あってもアメリカに勝てなかっただろうが
あの時代にラプター一機があったら、アメリカに勝てたかな
当時の戦闘機、戦艦何機束になっても
ラプター一機落とせないだろ
437. 名無しさん@1周年 2018/11/11(日) 10:33:19.93 ID:kLQKI5ZI0
日本は、ドイツに戦争で勝ってるからな
438. 名無しさん@1周年 2018/11/11(日) 10:33:45.36 ID:+cMjmC0N0
>>422
攻撃セラレタルと書いてあるやろ、日本は自分から攻撃してるから
攻撃セラレタルには当たらない、だから日本はソ連に宣戦布告していない
439. 名無しさん@1周年 2018/11/11(日) 10:33:56.91 ID:kLQKI5ZI0
日独戦争すら、出てこないスレ
馬鹿しか居らん
440. 名無しさん@1周年 2018/11/11(日) 10:34:10.58 ID:068mIPu80
エゲレス滅ぼしておくべきだった
441. 名無しさん@1周年 2018/11/11(日) 10:34:23.40 ID:qzuCOV/u0
>>425
空襲と地上戦は全然壊滅のレベルが違うから
地震で揺れたのと津波が来たくらい違う
442. 名無しさん@1周年 2018/11/11(日) 10:34:37.90 ID:+MwZMK7c0
>>423
歴史で習ったな
ドイツの3B政策とイギリスの3C政策
443. 名無しさん@1周年 2018/11/11(日) 10:34:39.65 ID:8WpF7jq70
ドイツが英米仏露伊日と同盟を結んで戦えばほぼ間違いなく勝てた
444. 名無しさん@1周年 2018/11/11(日) 10:34:47.38 ID:Ij2GlTsl0
>>432
レインボー計画だよな
イギリスやカナダやメキシコなどを仮想敵にして色で分類していた
オレンジ色が日本
445. 名無しさん@1周年 2018/11/11(日) 10:35:11.97 ID:38oLzfOM0
>>430
ロシアフランスはともかくとして、イギリスを降伏させることはまず不可能だからな
ただドイツにとっては有利に講和できるかどうかがカギになるかと
446. 名無しさん@1周年 2018/11/11(日) 10:35:35.75 ID:yub2gG4i0
>>415
天保の大飢饉と同じ規模同じ割合だから日本にはまれでないレベルなんだけどなぁ
447. 名無しさん@1周年 2018/11/11(日) 10:35:52.01 ID:LXXoRPEn0
>>443
オーストラリアハンガリーが可哀想すぎる
448. 名無しさん@1周年 2018/11/11(日) 10:36:06.26 ID:p0COAaRN0
どんな仕事にも使える、普遍的な「成果を出す方法論」について紹介する。
http://kabukiki.ladyfw.com/kp/45342324366544354.html ertrewtrewrtw
449. 名無しさん@1周年 2018/11/11(日) 10:36:37.15 ID:+YbxjMl80
過去に米の領土を短期間であっても占領した国や露にごめんなさいを言わせた国は日本以外にある?
450. 名無しさん@1周年 2018/11/11(日) 10:36:52.21 ID:epiqj2LX0
ユダヤ人の手法を見習い、諸外国を内部分裂させ、それぞれを支援。
451. 名無しさん@1周年 2018/11/11(日) 10:36:54.54 ID:IkOaC7DC0
>>406
香港とかシンガポールなんて面積も人口も極小だろ
それを植民地全体の話に持っていくのはご都合主義も甚だしい

中東・アフリカ・インドでは酷いもんだよ
452. 名無しさん@1周年 2018/11/11(日) 10:37:07.59 ID:fhXFso6p0
>>421
日本人の多くはその棲み分けによる責任回避のロジックが理解できない
だから朝鮮併合なんて悪手を打った
あれがヨーロッパの国々なら天皇で、かつ、朝鮮国王って形にし
453. 名無しさん@1周年 2018/11/11(日) 10:37:19.53 ID:94N7DJ6a0
海運だよな、イギリス海軍が全部抑えてて切れたんじゃかったっけ
454. 名無しさん@1周年 2018/11/11(日) 10:37:47.58 ID:yub2gG4i0
>>447
オーストリアハンガリーと大日本帝国は世界史上から無かったことになってる
455. 名無しさん@1周年 2018/11/11(日) 10:38:05.43 ID:sF6Rk5Nl0
>>433
軍事同盟だからどっちが先とか関係ないだろ。ドイツもイタリアも
これでアメリカに宣戦布告したんだから。
456. 名無しさん@1周年 2018/11/11(日) 10:39:46.64 ID:38oLzfOM0
>>447
第一次大戦始めたキーマンのはずのオーストリアハンガリーだが、あまりにも弱すぎ
ロシアに手も足もでなかった
トルコは仕事してた
ガリポリの戦いでイギリス軍大敗させて、チャーチルを失脚に追い込んだくらい
457. 名無しさん@1周年 2018/11/11(日) 10:40:06.32 ID:FgX0J3+GO
ナポレオンはアウステルリッツで完勝してしまうなんて馬鹿なことをしたから
神聖ローマ帝国を解体してドイツの覇権争いでフランスが
ロシアやプロイセンと向き合って最終的に破滅に
ドイツの覇権なんかオーストリア、プロイセン、ロシアに任せて
フランスは経済発展を目指せば良かった

日本は満州事変なんかで勝つのがおかしい
中国なんか英米ロシアで勝手に争わせ経済発展狙えば良かった
満州鉄道なんかアメリカ資本でやれば良かった
石原やナポレオンはアウステルリッツや満州事変の前に縛り首にしておくべきだった
そうすれば日本やフランスの為にどれだけ不滅の利益上げたか
戦争なんか勝ってはいけない
458. 名無しさん@1周年 2018/11/11(日) 10:40:35.27 ID:zm5pgDT70
>>436
開戦時に原爆有ったら勝ててた。
ラプターよりずっと古い技術だよ。
459. 名無しさん@1周年 2018/11/11(日) 10:40:36.62 ID:KVQcdAjB0
>>37
最近マウザー拳銃弾みたいな
小口径ボトルネック拳銃弾流行ってんのな
460. 名無しさん@1周年 2018/11/11(日) 10:40:39.85 ID:wiSmF3kY0
ドイツはアメリカと組めば勝てたのにね
461. 名無しさん@1周年 2018/11/11(日) 10:40:52.99 ID:zXKEjUDY0
最初は「なんじゃこのスレ名は!」と思ったが、シュリーフェンブランとか色んな意見が見れて良かったです。しかし計画はやっぱり計画なんだと思う。短期決戦頓挫したのに、ロシア派兵が早まって焦ったら殲滅出来たり、WW 1は本当に考えさせられますわ。
462. 名無しさん@1周年 2018/11/11(日) 10:41:13.53 ID:QjwIDRdy0
開戦前に機甲師団を作れば
463. 名無しさん@1周年 2018/11/11(日) 10:41:19.59 ID:fhXFso6p0
>>445
ロシア・フランスも降伏は無理
1センチ進めるのに万の血を流す戦いだから
消耗を繰り返して心を折れたら講話って戦い
首都どころか都市の占領なんて夢のまた夢
(っていうか、実際に大都市を占領したら人を割かなければならない分逆に辛いかも?)
464. 名無しさん@1周年 2018/11/11(日) 10:41:26.46 ID:+cMjmC0N0
>>455
だからその理屈なら日本はソ連に宣戦する義務があるはずだが
現実は攻撃セラレタル場合のみしか宣戦しなくてもよいため日本は状況を鑑みソ連に宣戦しなかった
465. 名無しさん@1周年 2018/11/11(日) 10:41:55.78 ID:yub2gG4i0
>>451
英国は職人の手首切ったりしたけど、夫が死ぬと夫人も生きたまま火葬というのと山車の車輪に身を投げると徳が積めるというのをやめさせたのでがいいことをしている。
466. 名無しさん@1周年 2018/11/11(日) 10:41:55.86 ID:RqNvqQc00
>>1
次はドイツ抜きでやろうぜ
467. 名無しさん@1周年 2018/11/11(日) 10:42:39.95 ID:sF6Rk5Nl0
>>451
アジア開放の話だけど。日本のド素人のにわか植民地経営よりまともだよ。
フィリピンなんてアメリカに任せておいたほうがよかった。
グアムとか絶対独立しないだろ。
468. 名無しさん@1周年 2018/11/11(日) 10:43:15.12 ID:YkCQoOMX0
何度もディプロマシーをやってドイツが勝ち残る方法を編み出すのだ
469. 名無しさん@1周年 2018/11/11(日) 10:43:20.94 ID:D+KCmO7a0
オーストリアがアドリア海まであって海軍持ってたんだよな
ドイツだってオーストリア助けたくなるって
470. 名無しさん@1周年 2018/11/11(日) 10:43:27.64 ID:2xtXoHcr0
戦略を持たないと勝てないんだよ。
補給、供給、輸送。
471. 名無しさん@1周年 2018/11/11(日) 10:43:43.97 ID:9Qurl8KZ0
ハンス・ウルリッヒ・ルーデルのクローンを大量生産
472. 名無しさん@1周年 2018/11/11(日) 10:44:12.94 ID:LMYKFShR0
勝ちに不思議の勝ちあり 負けに不思議の負けなし
473. 名無しさん@1周年 2018/11/11(日) 10:44:22.42 ID:YfGeH9570
>>259
豪州NZを見習って陸軍戦力を送るべきだった、
とは思う。国内の反対で頓挫したが…
474. 名無しさん@1周年 2018/11/11(日) 10:44:23.63 ID:xS8Oa7pE0
ドイツって、最後に戦争に勝ったの普仏戦争だろ。
縁起の悪い国だから、次に戦争をする時はこいつと組んではいけない。
支那に押し付けるべき。
475. 名無しさん@1周年 2018/11/11(日) 10:45:10.24 ID:fhXFso6p0
>>449
イギリス
ホワイトハウスを焼き払うレベル(それを隠すために白塗りしたのが「ホワイト」ハウスの起源)
476. 名無しさん@1周年 2018/11/11(日) 10:45:19.10 ID:9t3Tf7Br0
>>471

( ^▽^)<A10を無人化して
       ルーデルAIを
477. 名無しさん@1周年 2018/11/11(日) 10:45:24.01 ID:J3iCu6oK0
フランスのタクシー全部故障させとけばワンチャン勝てたのでは?
478. 名無しさん@1周年 2018/11/11(日) 10:45:31.60 ID:sF6Rk5Nl0
>>465
夫が死ぬと妻は生活していけなかったから火葬の火の中に飛び込んだんだろ。
寡婦も生活できる経済政策とったんだろね。
479. 名無しさん@1周年 2018/11/11(日) 10:46:02.95 ID:a+ElOOoW0
>>457
なかなか良意見
480. 名無しさん@1周年 2018/11/11(日) 10:46:11.99 ID:5S9/tuG90
ルーデルは、終戦時2歳

時間軸が狂った奴ばかり
481. 名無しさん@1周年 2018/11/11(日) 10:46:22.94 ID:IOZCcBaQ0
>>340
ハル・ノート以前に、大陸進出が間違い。
大本を正せば、朝鮮併合が、そもそも間違いだった。

あの時点で、朝鮮をロシアあたりに支配させてロシアの手で徹底的に破壊されるのを
横目に、全力で東南アジア方面に進出すべきだった。

そもそも、陸軍の暴走というのも、朝鮮半島に資金投資しまくって餓死出す寸前まで行ってた
地域の農民の次男三男が軍部に入って、国家の意思に逆らって戦略なき戦線拡大やったから
収集つかなくなった。

あんな枯れた不毛の大地支配しても、損する事はあっても利益なんぞ出やしない。
ハル・ノート以前に、大陸進出の計画事態が根本的に失敗だったんだよ。
482. 名無しさん@1周年 2018/11/11(日) 10:47:12.51 ID:QjwIDRdy0
結局ドイツ負けたの兵糧ぜめやろ
植民地からの物資のルート確保しなきゃ
483. 名無しさん@1周年 2018/11/11(日) 10:47:26.39 ID:+cMjmC0N0
>>481
朝鮮半島や満州への大規模資本投下無くしてどうやって国内資本を成長させるのかという疑問はある
484. 名無しさん@1周年 2018/11/11(日) 10:48:47.14 ID:38oLzfOM0
>>463
ただドイツ軍もパリまでわずか70kmのところまで侵攻してたけど、そこまでだったな
列車砲でパリ砲撃したり
フランス軍もえん戦気分が蔓延して反乱起こす師団まで出る始末で
ただその時点でドイツ軍も消耗があまりにも激しくて、仮にパリまでたどり着けてもそこで市街戦なんてできるような状態ではなかっただろうね
そして塹壕による長期消耗戦を突破するために、戦車や航空機などを使った電撃作戦が生まれたと
485. 名無しさん@1周年 2018/11/11(日) 10:48:55.24 ID:9t3Tf7Br0
>>481

( ^▽^)<日露戦争がないと
       日本は不平等条約解消できない
       3流国家あつかいのまま
486. 名無しさん@1周年 2018/11/11(日) 10:48:58.23 ID:fhXFso6p0
>>458
原爆を運ぶ手段がない
487. 名無しさん@1周年 2018/11/11(日) 10:49:18.08 ID:fG117l9s0
ドイツの今後考え得る戦争はロシアがポーランド侵攻しない限りは無いだろうけど
488. 名無しさん@1周年 2018/11/11(日) 10:49:46.45 ID:yub2gG4i0
>>486
飛行船
489. 名無しさん@1周年 2018/11/11(日) 10:49:57.90 ID:QLliYOjA0
第一次大戦は総力戦。物的資源(石炭、鉄、特殊鋼用のレアメタル、
有機化学、食料・・・)を確保して武器を大量生産しつつ国民を洗脳して戦地へ
送り続ける。これを5年、10年と継続できて対戦国を圧倒できれば勝てた。
まさに超大量消費。でもどう考えてもドイツはこれができない。
フリッツハーバーのアンモニア合成法の発明はあったけどもこれだけじゃな。
490. 名無しさん@1周年 2018/11/11(日) 10:50:03.12 ID:WwuM74f80
第一次世界大戦で日本は独と戦い戦勝国となった 明治維新や日英同盟で英国との関係が深かったわけで英米とそのまま協調していれば第二次世界大戦でも戦勝国になれたんだが
491. 名無しさん@1周年 2018/11/11(日) 10:50:33.95 ID:D+KCmO7a0
>>482
イギリスを敵に回したら大西洋も地中海も封鎖されるのわかってるのにね
ドイツ民族の悪癖だな
492. 名無しさん@1周年 2018/11/11(日) 10:50:45.05 ID:sF6Rk5Nl0
>>465
ドイツがソ連に攻撃されている以上日本も参戦して軍事的に援助
しなければいけないだろ。ヒトラーはおサルさんが条約守ることを
期待しなかったんだろうけどw
493. 名無しさん@1周年 2018/11/11(日) 10:51:15.05 ID:QD3pk+hJO
>>469
オーストリア軍艦セント・イシュトバーンがイタリア軍の魚雷で転覆する映像は有名
494. 名無しさん@1周年 2018/11/11(日) 10:51:18.58 ID:2xtXoHcr0
先ず戦線をどこまで張るかを決めて、
補給人員と物資の数量を確定し、
そして供給能力を増加させておく。
そして戦い、勝って、国境を拡大して、
講和のテーブルに相手をつかせる。
このサイクルを見誤らない事が重要だ。
495. 名無しさん@1周年 2018/11/11(日) 10:51:38.08 ID:2LMpy0Ar0
航空魔導師による敵の人的消耗だろ。
496. 名無しさん@1周年 2018/11/11(日) 10:51:53.18 ID:9t3Tf7Br0
>>491

( ^▽^)<最近イギリスはEUから・・・
497. 名無しさん@1周年 2018/11/11(日) 10:52:14.03 ID:+cMjmC0N0
>>484
マルヌ会戦の前ドイツ騎兵の斥候がイギリス騎兵の斥候に補足されて殺される話とかあるが、この時点でドイツ軍馬がカイバ不足で衰弱してたのが伺える
498. 名無しさん@1周年 2018/11/11(日) 10:52:31.47 ID:h+UFrqRe0
日本も最後にちびっっっとだけ参戦して(お手伝いレベル)、南の島を幾つかもらったよな。
499. 名無しさん@1周年 2018/11/11(日) 10:52:39.84 ID:EwWf56eR0
>>485
今でも三流国扱い…
500. 名無しさん@1周年 2018/11/11(日) 10:52:44.24 ID:IkOaC7DC0
>>465
細かい点では良い事もしてるだろうけど、大局で悪い事が多過ぎる

本来あったジャーティを悪名高いカーストに変えてしまったり